感染してしまったら?|感染しやすいが症状が現れにくいクラミジアの恐ろしさ!

感染してしまったら?

カプセルと左手

クラミジアは、女性が感染してしまっても症状がほとんど現れないため、感染する人も多いのが現実です。性病の中でも特に多くの人が感染していると言われているのは、このためなのではないでしょうか。クラミジアの感染経路は、他の性病に比べると少ないです。
なぜなら、他の性病ではどこかに菌が付着することで間接的に感染してしまうことがありますが、クラミジアは、ほぼ100%性行為による感染だと言われています。
また、クラミジアが感染する場所は、性器か喉などの粘膜が、お互いに触れ合わないと感染しないため、性器を使った性行為をしない限り感染することはありません。セックスで、お互いの性器が触れ合うか、オーラルセックスのような性器が直接喉に当たるような行為をしなければ感染はしないのです。稀に、口から口へと感染をする咽頭クラミジアと呼ばれている病気もありますが、可能性はとても低いと言われています。
また、性行為以外でもクラミジアに感染しているケースもあります。元々体内にクラミジア菌を持っているという人もいますし、今の相手よりも前の相手から移されたという可能性も否定できません。
必ずしも、大好きな彼が浮気をして病気を移されたというわけではありません。体内に元々持っているという人であれば、免疫力が低下した際に発症してしまったというケースも少なくありません。
心配だと思っている人は、クラミジアの検査を受けるといいでしょう。クラミジアの検査は、発症していなくても体内にクラミジア菌があるかどうか検査することができます。はじめて性行為を行う相手なら、お互い検査をしてから性行為を行うことで感染拡大を防ぐこともできるかもしれません。
もし感染してしまった場合は、早めに治療をすることで薬を一度服用するだけで治療ができます。他の性病とは違い、治療方法が簡単なので、早期発見がとても大事な病気です。早めの対策をしてきましょう!